浴室暖房でヒートショックが防げる|快適な環境にする

作業員

いつでも入浴できる

修理

24時間風呂は、仕事を夜遅くまでしている人、長期の休みが取れない人に最適なお風呂です。いつでも好きな時間や空いた時間に温かいお風呂に浸かることができるため、気分転換やリラックスしたい時に入ることができます。

もっと読む

風呂の機能性

水道

湿気がよく発生する場所にはカビが生えやすくなります。そのカビは風呂によく生えるでしょう。カビを防ぐ為の方法として、風呂の壁面や床をコーティングすると有効でしょう。快適な空間になります。

もっと読む

バスルームの改装

お風呂

バスルームの歴史について

ユニットバスルームが初めに誕生したのは実は日本です。その歴史はさかのぼること1960年代、ちょうど高度経済成長期の真っ只中です。それまで働きたくても働けなかった状況が一変し、人手が全く足りないというような状況に陥りました。当然建設業界も例外ではありません。そして東京オリンピック直前にとある高級ホテルを工事期間厄一年半で完成させなければならないというようなことになってしまいました。最大の問題が手間のかかるバスルームの工事でした。原状の工法ではとても間に合わず、更に今までにない構想ホテルだったため、バスルームの軽量化も必要でした。そこでバスルームのプレハブ化を思いつき複数の企業と共同で研究開発し、ついに完成させることになるのです。また、寒い冬に大活躍する浴室暖房もリフォームの枠で行なうケースが非常に増えています。

現在のトレンドとこれから

バスルームにおいて現在大きな問題となっているものにヒートショックがあります。これは特に高齢者の方が通常の部屋とバスルームの寒暖の差によって心筋梗塞を起こし意識不明で倒れてしまうという現象で実に年間14000人もの人がこれが原因で亡くなっています。これからの日本はどんどん高齢化社会になり、当然このヒートショックの危機に見舞われる人も増えていきます。これからのバスルームはいかに通常の部屋との寒暖差をなくすようなものを造るかということに焦点が当てられることになるだろうと予測されます。現にそのような設備が既に販売され始めています。それが浴室暖房になります。また、長時間バスルームでくつろぐという人も増えており、以下に快適な空間を造るかということにも重点が当てられているようです。この条件も浴室暖房がすべて叶えてくれるでしょう。

コーティング

お風呂

お風呂場は、一日の疲れを癒すための場所として重要な役割を有しています。しかし、お風呂場などの水を多く利用する場所では、湿気などが溜まりやすく、カビの温床となる可能性も存在しています。

もっと読む